中学校のときの思い出は何ですか?勉学や部活、傍という話したことなどいろいろあると思います。思春期のシーズンで、想い出に残り易い旬ですね。身は勉学が嫌いで成績はビリから数えて間もなく言えるほどの辺りでした。最初の期末チャレンジで程度店行かず、悔しい思いをして卓に向かうも三日坊主で終わって後者もまたおんなじでした。もらえる子どもはいいな~!なんて羨ましがるばかりで個々は何もしなかった思い出があります。一番の思い出は中学校のときの合唱。1年生の最初は、みんなの本音を感じながら歌うというより、大きな声で好きなように歌っていました。音程が逸れていたとしても、リラックスになって楽しかった。つまり、自分のことしか考えていなかったわけです。それが分け前発達になった場合、別の形で表れていました。時間に遅れても謝らないし、音程が逸れて要ることを指摘されても、個々さえ楽しければいいと思って仲間に安堵の心持ちすら欠ける。笑いが溢れていた分け前発達がしだいに照れくさい空気になっていきました。客の悪いところを見つけては、激しい話を当てる。「〇〇君、自分のことばかり考えてないでちゃんとやって!」とか、「歌詞間違えてるの〇〇君だけだからね」とか、「きちんと断ち切る自身がいるせいで腹立たしいんですけど」なんていつのまにか思いやりのない話が溢れていました。身は楽しい合唱が嫌いになりみたいになりました。あんな考えはイヤ。ニュアンスを変えようといった、自分のことしか考えていなかったことをとても謝り、注意してくれた子どもに有難う!頑張って正すよ!って伝えました。すると、その子どもも謝ってきて、直ちに仲直り。その日からは、相互を思って優しい声かけができる分け前発達になりました。そうして、数か月後にクラスの合唱を全校の前文で発表したときは、仲間の本音を聞いて歌える自分になっています。前よりも表情がはつらつやるし、クラスで作り上げた合唱自身にプライドをもちましてある。歌っていて心から楽しかったし、合唱っていいなといった思えました。