恋人ってケンカしないで平和に暮らしたいというのが私の願いであり、理想です。家庭内、持ち家の外、どこでも一緒の気持ちです。ボクはそのために、近所のヒューマンなら会ったらどうしても「こんにちは」、「おはようございます」って挨拶をします。誠実、ストーリーが得意ではありませんから、逃げたい思いがあります。だからといって素通りすると、今度思い切り照れくさい情勢になるので便宜上言っておきます。そのスタートもあって、持ち家から一歩出ると一礼繋がるので賑やかだ。ただし、長時間を暮らす親子との原因は難しいですね。一礼しても、タイミングが酷いシーンふっと言い方で返されます。行う所帯振り分けを守っても、むかつく部分を遠慮なく教授してきて、疲れているときの己は落ち込んで仕舞う。こうした名しなくてもすばらしいじゃない!って声を張り上げたくなることもあります。けれども、競争になるのが怖くて言えないのです。賑やかが一番、ボクが忍耐すれば上手く行くといった忍耐を続けていたら、数日前の夜食の時間に急に不安定になって泣いてしまいました。何が起きたのかわからずパニックになった男性は、毎日言わないことを感情的になって言いました。「せっかくの楽しいご飯のひとときが面白くなくなった。泣くのなら自分のルームをめぐって1人で泣いて!」。ボクはわめきながらちっちゃな声で「ごめんなさい」といった謝って自分のルームに行きました。数分以後、食事をしていたリビングのルームからお父さんといった奥様が強く言い合う声が聞こえます。ふれこみに恵みの気持ちがないことを奥様が教授したことで、ケンカになった類。私のことを思って言ったんだろうけど、とうにやめて。全員ボクが悪かったし、泣く都合を間違えました。