溜めこむって加工が一大のが段ボールだ。
廃品徴収などの際に回収してもらえるのですが、それまで保管しておくのも邪魔で片付かないのが難儀だ。
最近は百貨店などで適宜携帯可能近辺があるので利用してみましたが、それもかさばるので気苦労という感じてしまいます。
そんな時、絶えず利用してきた鍋敷きがみすぼらしくなってしまいました。
好条件鍋敷きを使う心づもりなどは無いので、100均などで手軽に調達できるのですが、かなりその為に入ることを忘れてしまう。
そこで思いついたのが、段ボールを再利用した鍋敷きだ。
本当は図書を一時的に利用したのですが、エナジーでメインの色あいが鍋の下に移ったり、不快ニオイを発したりするのでダメでした。
も、段ボールは正に優秀です。
おんなじ熱さだと思いますが、焦げもしなければへたれもしません。
嬉しい!
勢いに乗って、色んな鍋を載せられるボリュームに切り落としました。
まず、ちょっと見た目に不調OKですが、汚れたらサッと新しいものとして仕舞う。
元々、廃棄する予定のタイプだったのですから、勿体ないという引け目も感じずに済みます。
段ボール鍋敷きブラボー!
長らくはこういう人気が貫くでしょう。
あまりにも凄い思い付きなので、みんなに知らせたくなってしまいました。
身内に全力で避けられましたけど。

新宿南口 脱毛 予約